塾長の気まぐれ釣行記

◆2007年6月29日(金)
【磯ロック&その他】
磯ロック&その他

28日
この日が仕事が休み。だが、朝一で皮膚科に行かなきゃならなかったもんで、早朝フィッシングは中止。 とりあえず皮膚科が終わってからそっこうで釣りに!

まず向かったのは南茅部。 今回は川は視野に入れていなかったので、真っ先に磯へ車を走らせた。
そして最初の磯へ到着。 若干、干潮気味だったので、平盤の先端まで行ってその周辺を攻めてみた。 が、これと言って反応がない。 へちをリフト&フォールさせたり、キャストして底〜中層を攻めてもダメ… 一度、足元のへちでアタリっぽいのはあったが、それからは反応がなかった。 そんなわけで尾札部方面まで車を走らせた。

途中、地元の小さな釣り具屋により、近郊の情報を聞いてみた。 そこで得た情報をもとに、近くの磯に行くことに。
そして磯に到着。 そこは聞くところによると、巨アブが出るらしいので期待が膨らむ!
魚が潜んでいそうなところに次々とワームをぶち込む! 足元、昆布の中、沖の根周り。 色々やったが反応なし…そんな中、唯一ヒットしたのが足元の岩のへち。 ギュインギュイン引くもんだから、てっきりアブだと思いきや、20センチ半ばのソイ… このポイントはこれ以外反応がなかったので、また違うポイントへ移動した。

次に入ったポイントは、冬にカジカ狙いで来た磯。 夏ならアブも出るだろうと思いながら、いざ釣り開始!
始めて間もなく、底を見ながらのサイトフィッシングだったので、落としたワームに何か食らいつくのが確認できた。が、最初はフッキングに持ち込めなかった。しかし次のバイトではしっかりフッキングに成功!

走るぜベイビー!
って感じだが、それは正にベイビー。釣り上げたのは28センチのアブ…
このポイントもこれ以外には魚は現れなかった。 そして最後はサーフからヒラメを狙う。

着いたのは椴法華。 すかさず少し期待しながらルアーをキャスト!

何を試すも反応なし… しかも、サージャーが彼方へぶっ飛ぶ始末…
とりあえずこの日のデイ・フィッシングはここまでで終了です。


その夜、教頭と塾生の3人でナイト・フィッシングへ!

漁港を二つ攻め、その二つ目の漁港では、目わたくし塾長が好調!20センチ半ばのソイをテンポよく釣り上げた。 そんな中、塾生もまずまずのサイズのソイをヒットさせる。
教頭は…最後に1匹! 

そんなこんなの1日でした笑


[▽追記]

[コメントする]
[コメント(3)][更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++